--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.11.24

人生の先にあるもの

基本的に私は、「女性だから○○しなければいけない」「男性だから○○しなければいけない」という考え方が嫌いだ。女性でも苦手なものはあると思うし、男性でもそうだと思う。そんな偏った考え方は、一昔前の考え方だと思う。

正直なところ、私は家事が苦手。というよりあまり好きではない。まあ、大好きなんて人もいないと思うけれど。出来て当然、なんて態度で言われると結構頭にも来るし、気が滅入ってしまう。片付けにしても、結婚したての頃は割とよく片付けしていたほうだと思うが、半日も経たずにめちゃくちゃにされると、こちらとしてもやる気が出なくなってしまう。

だから、最近は自分の忙しさもあって、部屋の片づけなんかは放置状態。当然めちゃくちゃになる。ダンナは「片付けは女の仕事」と思っているところがあるので、自分のことはまるで棚に上げて押し付けてくる。一番散らかすのは自分なのにね。少しでも手伝ってくれれば、こちらも頑張ろうという気が起きるけれど、片付けしてるのにダンナだけ、のほほんとテレビを見ているのを見ると、ため息をついてしまう。

正直私の年齢的な問題か、単なるわがままなのか、自分から動こうという気が落ちているように思う。体力的な問題もあると思うけど、疲れと気分的な落ち込みが激しくなる。薬の副作用のせいにしたくはないけれど、眠っても疲れが取れないような気がする。まあ、生活リズムは狂いっぱなしだから、そこのところにも問題があるのだろうけれども。

明日は部屋を少しでも片付けようと思う。最近手を抜きすぎているように思うからね。ただ、やっぱり自分は家政婦のような気がする。自分のやりたいことができない家政婦。そんな家政婦の仕事ですらうまくこなせない自分がここにいる。情けない。

自分の人生なんて、所詮塵のようなもの。どうなってもいい。どうせ人生の先に見えるものなんて、カスみたいなものだろうから。
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://mmmr.blog52.fc2.com/tb.php/5-c3721097
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。